食事をおいしく食べる

治療トラブルが多いの?
トラブルを避けるには
どんな病院を選ぶべき?
価格は病院で違う?
相場価格って?
失敗したら?
治療期間は長いの?
歯周病でも出来る?
インプラントとは
インプラントのメリット

インプラントで失敗した時に病院を変えるべきか

インプラントが最近流行っています。
歯を失った場合には昔であればブリッジや入れ歯で我慢をするしかなかったのですが、インプラントであれば、それらよりも質の面で大きく向上しているので、
本物の歯と使い心地はほとんど変わらないです。
見た目もキレイですし、周りからあなたがインプラントをしているということが分からないほどです。

このようにインプラントには様々なメリットがあるので、全く悪いことはないのではないかと考える方がいるかもしれません。
しかし、インプラントも手術によってつけることになります。
よって、インプラントであっても失敗をする時というのがあるのです。
どのような失敗があるのでしょうか。

まず、インプラント治療の失敗には患者自身が原因になる場合と、医者側の不手際による場合とがあります。
患者による原因としては、メンテナンスなどを指示通りやらなかったために、インプラント治療に失敗をするというケースがあります。
この場合は、明らかに患者の側に責任があるので、病院を変えるなどをしても意味がないでしょう。
患者の意識を変えない限りまた失敗します。

他には、タバコを吸っていたり、元々の患者の骨の質の問題により、インプラントが成功しにくいことがあります。
この時は、医者の方も色々と努力をして、何とかしようとしているので、病院を変える必要はないかもしれません。
病院によっては、5年以内で治療を無料でやりなおしてくれるサービスを行っていることも多いので、それを利用すると良いでしょう。

また、医師の不手際による失敗というのもありえます。
歯を診断する時に、正しく診断しなかったために、インプラントを正常に行うことができなかったという可能性があります。
また、手術自体に技術不足であったり、ミスをしたことによりインプラント治療を失敗するということもあります。
この場合は病院を変える方が良いでしょう。
病院を変えるべきかどうかはインプラント治療が失敗した原因が病院側の不手際にある場合であり、それ以外の要因によって失敗した時は特に変える必要はないでしょう。